大きな瞳は美人の証明書

性格も明るくなる

目

二重の手術を受ける際に、自分自信でどのような治療方法があるのかある程度の情報は入手しておくと受診した際にスムーズです。ほとんどの美容整形外科クリニックでは初回の受診の際にはカウンセリングの時間を設けています。

手術の種類や費用

頬を触る人

二重まぶた形成の美容整形手術には、全切開法や部分切開法や埋没法があります。半永久的にくっきりとした二重になるのが全切開法や部分切開法です。埋没法ならダウンタイムが少なく、お手ごろな料金で手術ができます。

一重に満足できないなら

カウンセリング

グッズよりも施術を

一重でも十分魅力的ですが、大きくてパッチリとした目元に憧れて、二重になることを夢見ている状況もあるはずです。その場合は、専門のテープや接着剤で固定しておけば、一定期間で二重になれる可能性があります。その二重グッズは通販などを利用すれば、安価で手に入るため、一重から抜けだしたい方は利用を考えてみましょう。しかし、そのような時間がかかる二重になるための方法は、長めの休みがある学生などに向いているといえます。テープや接着剤で固定する方法は、それなりに時間がかかるため、毎日おこなえるか分からない社会人には向いていないといえるでしょう。そのため、社会人が二重にしたいと考えているのなら、美容系のクリニックに訪れて施術をしてもらうことをオススメします。しかし、美容クリニックというと敷居を高く感じてしまって、二重になりたくても訪れるのを躊躇してしまう方もいるはずです。ですが、現在では費用も安く、時間もかかりませんので、それほど考え込まずにコンプレックスを解消してみましょう。まず、費用ですが、シンプルなプランを利用すれば、一万円を下回る価格で施術をおこなってもらうことが可能です。学生のお小遣いでも十分に利用できる料金なので、テープや接着剤が面倒だと考えているのなら、安いプランで施術をしてもらいましょう。そして、施術時間(シンプルなプラン)ですが、入院をする必要がないのはもちろんのこと、30分未満で終わるケースも多いです。このように、考えているよりもずっと気軽におこなえるのが、美容クリニックでの施術なので、悩んでいるくらいなら相談をしに行ったほうがよいでしょう。ただし、美容クリニックで二重にしてもらうなら、素晴らしい技術を持っているドクターがいるところに頼む必要があります。一重を二重にすると、顔のイメージが変わりますので、それがよりよい方向に向かうためには、ドクターの腕前はとても重要になるからです。なお、理想の二重を手に入れたい場合は、より高度な施術をしてくれるプランもあります。しかし、どれがよいのかは素人には分かりませんので、事前に用意されているカウンセリングで、しっかりとドクターの意見を聞くことが大事になります。現在の目の状態に合わせて、適切なプランを説明してくれるため、自宅に一度帰ってしっかりと考えてから、施術を受けるかどうかを決めましょう。カウンセリングだけならば、無料なのが当たり前なので、二重の施術を受ける前なら費用の心配をする必要はありません。

手術の特徴

ウーマン

生まれつきのような自然な二重まぶたになれるのがプチ整形の埋没法です。華やかな幅広の二重まぶたにしたいならメスを入れる全切開法があります。部分切開法はまぶたの脂肪が多くて埋没法ができない人にお勧めです。

埋没法の注意点

目元に触れる人

埋没法はもとに戻りやすいと言われていますが、注意点を守って気をつけて過ごせば半永久的に二重が持ちます。手術後はデリケートになっているので、なるべくまぶたを強くこすったり刺激を与えたりしないことが大切です。